Be Waltz.

毎日をワルツみたいに👗

Watlz with WHIPLASH.

こんにちは、アビゲイル金子です。
アビーって、呼んでね♡


みなさんは、


"Whiplash"


をご存知でしょうか。




邦題で言うところの、


「セッション」


です。

画像出典元:piacinema2.xtwo.jp



この映画、日本でも賛否が真っ二つに割れ


世間を騒然とさせたアカデミー賞受賞作品です。


たぶん、割と御覧になった方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。


tou***** さん

総合評価 ★☆☆☆☆

人格障害

要は「境界性人格障害者(パーソナル障害)」の指導者に見込まれた若者の悲劇という話。(略)

kob***** さん

総合評価 ★☆☆☆☆

ジャズを殺したのは誰か

学生時代からジャズドラムを趣味でやっている者です。音楽が大好きです。(中略)怒りが収まりませんでした。映画で音楽を主題として取り扱うのなら、もう少し対象に対する愛を持って欲しかったです。


mpg*****さん

クライマックスの解釈、間違ってませんか

総合評価 ★★★★☆

戦争映画「フルメタル・ジャケット」の音楽学校版。(中略)ラストの20分くらいの展開は引き込まれた。「フルメタル・ジャケット」も唖然とするような、そこまでやるかというような鬼! それに潰されながらも立ち向かう主人公。(中略)これは非常に見ごたえがあった。

Cディレクターシネオ さん

必死に目指している人が観るべき映画。

総合評価 ★★★★★

挫折と絶望が生む狂気に入り込み、ラストのどんでん返しまで釘づけ。(中略)楽器をやる人はもちろん、何かを必死に目指している人が観るべき映画。(中略)自分がどれだけ甘ちゃんか、大切なことに気づけるハズです。



すごい評価の分かれようwww
人格障害ってやばいなwwwwww


めちゃ笑っちゃいましたwww


高名なドラマーの方は16,000字の対談でこの映画をこき下ろしているようで、
どうやら音楽を真剣にやられている方からの酷評が多いようです。
音楽の本質を殺している、と。


もしかしたら、本当にそうなのかもしれません。


ただし、正直、第3者の映画への評価はどうでもよくて、
映画は芸術な訳だから、個人的な解釈でもって好きに観ればよいと思う。
その時に受け取るメッセージが、その時の自分を表しているんだろうし。


小さい頃に観た映画を大人になってもう一度観て、


「この映画こんな話だったの!?」


「なんか思ってた映画と全然違う・・・!」


っていうのは結構あることだと思う。




私にブロードウェイミュージカルが大好きなが友人いるんですが


中でも「ボブ・フォッシー」の振り付けが大好きで、


何度もブロードウェイなどに観に行くほどのファンぶり。


その友人がおすすめしていたのが「シカゴ」



私は映画版しか見たことなかったんですが、


音楽とセクシーでダークなダンスは妙にハマってしまい、


一時期ずっとサントラを聴いてました。




ボブ・フォッシーはそれまでのミュージカルの振り付けの概念を


根底から覆した超・すごい人らしいです!




芸術音痴には、どこかすごい人なのかわかんないっていう・・・


めちゃ悔しい・・・(っ´・ω・)っ



ただ、確かに癖になる感じは、ある!




シカゴにはまった後、


古いミュージカル映画にはまっていろいろみていたんですが、


とにかく頭に残って、また観たい!と強烈に思ったのが、


コレ。


ALL That Jazz



All That Jazz - The Opening


当時はよくわからずにみてたけど、


友人に、この映画がボブ・フォッシーの最期を描いた映画だよと言われ、


ようやく繋がりましたwww



あとは、もう少し大人になってからもう一度観たいなと思ったのは、


ロッキー・ホラー・ショー

ロッキー・ホラー・ショー (Rocky Horror Picture Show)


トランスジェンダーというか、トランスセクシュアルな


マッドサイエンティストの館で繰り広げられる饗宴?の一夜を描いた、


超クレイジーな映画。



正直、未熟な私にはこの映画の伝えたいところが


まだ理解できませんでした・・・(´・・`)


でも、音楽はめちゃくちゃ有名ですよね!




個人的には、プリシラの方がわかりやすくて、好きかな~(^^)



The Adventures of Priscilla, Queen of the Desert (Trailer)



こんな私は、まだまだ受け取る器が浅いんだな~と思いますw


頑張ります( `ー´)ノ



オール・ザット・ジャズ、また観ようかな。


Waltz with Personality.

人生とは愉快なもので、


山があれば必ず谷があり、


また必ず登り坂がある( •̀∀•́ )✧



わたしは図らずして、GODの思し召しなのか釈迦の気まぐれなのか、


山と谷を経験させていただいた自負がございますw




しか〜し!!




私の友人で、株式会社RNSのオーナー社長でもある向山雄治さんは、


わたしの生涯の人間関係の中でも


ズバ抜けて山と谷を乗り越えてきた方だと思う。



世界って、こんなに山と谷あったんだw


的な感じですww




サンタクロースやアラジンのようなチートを使うこともなく、
(空飛ぶという意味で)


だからと言って、おやすみぷんぷんのように


屈折した中二病のまま青年期を迎えることもなく、


様々なガチな結果・成果を残されています。



その成果を、今ここに諸君らに解説しようっ(`・ω・´)



その1;高校(空手の鬼道場でインターハイ出場)


その2;受験(九州大学にストレート入学。)
(なんと、全国模試で約3ヶ月でD判定→B判定に持っていったんだとかw)


その3;大学(ラテン部門で社交ダンスで全九州大会優勝されています。


その4:就職(修士課程修了後、NECに一発合格&就職)


その5:独立(NECに約4年勤めた後、決めてから1.5年で独立。






すげー(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾







にもかかわず、向山さんめちゃめちゃお茶目なのです( ^ω^ )



どれくらいお茶目かというと・・・



1/1000の確率くらいで、待ち合わせ場所を間違われることが





ある\( ˆoˆ )/





完璧ですべてにおいて繊細なのにもかかわらず



人間味溢れるところが一切の嫌味なしで好きすぎますwwww




Waltz with Idol.

こんにちは、アビゲイル 金子です。

アビーって、呼んでね♡


今日、西武新宿にあるPepeの中の


100均に、お片付け用の小物とか、


ネイル用のアクセサリー?的な、


雑貨を買いに行きました♪


そうしたら、


なんか


pepeの前にちらほらと人だかりが……






なんだろう…


と思いつつ通り過ぎ、


1時間くらいして降りてきてみたら、


なんか、、、





増えてるーーー\( 'ω')/!!!










少し大ガードの方に寄ってみると、、、、






めっちゃいたーーーー!!!!








警備員さんに一体何事なのか聞いてみると、




「ももクロです」



とのこと。



どうやら、新宿LABIの巨大モニターに


ライブ映像が映し出されてるらしい…!




ほお、だからこんなに人だかりなのね、


なるほどね!!!




でも、アイドルと言えば、




オタ芸&コールじゃない?




でも、不気味なくらい何も聞こえない………



こんなに人がいるのに……




|・ω・*)




新宿LABIの大きなモニターに映し出される


ライブ映像を必死で見ている観客の皆さん。


東口から帰宅しようと思い、


列の前の方に行ってみると………







めっちゃ小さくオタ芸しとるーーーーヽ(;▽;)ノ








ちゃんとサイリウム持って、


「もーもこっ、もーもこっ」って言うとるーーーー\( ˆoˆ )/






なんて健気………ッ!!!






ももクロファンのこと、


なんだか一層好きになりました( ;∀;)




しかしその後、


本物のももクロがPepeの屋上に現れたことを


アビーは知る由もなかったのである………




https://www.google.co.jp/amp/s/amp.natalie.mu/music/news/282927




いればよかったああああああん_(:3」z)_