Be Waltz.

毎日をワルツみたいに👗お仕事もお洒落も、人生ぜんぶ楽しむのだ💎

Be Waltz.経営者がお薦めする、新年を気持ちよく迎えるためにやるべきこと3つ

こんにちは、アビゲイル金子です。
アビーって、呼んでね。


今年はどんな1年でしたか?


目標を達成して心地よい達成感に満ち足りているでしょうか。
それとも目標に敗れ、悔しく地団駄を踏む思いでしょうか。
はたまた、世の中の出来事を諦観し、涅槃の境地にいらっしゃるでしょうか・・・


皆さん、色々な思いで年末を迎えられるかと思いますが、
今日はアビー的に「これさえやっておけば気持ちよく来年を迎えられるだろう」と
という項目を3つ、ピックアップさせていただきました。


また、知人で経営者の向山雄治さんにもちょっとだけお話をお聞きして、
目標達成のコツなども踏まえてざっくりまとめてみました☆


アラサー・バリキャリを目指す女子の皆様を筆頭に、
ぜひ参考にしていただければ幸いです。




  1. 大掃除
  2. 手帳とカレンダーを新調する
  3. 門松としめ縄を飾る



1.大掃除

大掃除は1年の埃を払い、新年に向けてリスタートを切るためにも


気持ちの上でも大切にしたいものですね。


でも、1年間放っておいたお陰で強敵に成長した汚れたちに
どこから何をもって立ち向かうのか全然わからない\(^o^)/
というそんなあなたに、朗報です!


お掃除のことはお掃除のプロに聞け、ならばこのひとたちに聞いてみよう!
ダスキンさん!


ダスキンが公開している「大掃除少しずつプランシート」を見れば
見落としがちな汚れもしっかりと網羅することができます。


DUSKIN 大掃除少しずつプランシート

https://www.duskin.jp/item/howto/pdf/calendar.pdf


そして、このようなお掃除の方法をまとめているサイトを参考にして
ピッカピカの状態でニューイヤーをお出迎えしましょう!



2.手帳とカレンダーを新調する

手帳やカレンダーは新年が始まってから買う方も多いと思いますが、


きちんと来年の目標や行動計画は立てていますか?


2018年に成し遂げられなかったことを2019年に成し遂げようと思うのであれば
計画倒れしてしまった要因をきちんと受け入れて改善していけば良いですよね。


そんな時に役立つのが、カレンダー手帳なのです。


知人で、株式会社2社を経営する向山雄治さんに以前、目標達成のコツを聞いてみたことがあるのでちょっとご紹介しようと思います。


(1)目標を明確にする
→目につきやすい所に目標を書いて、貼っておく
→大きいカレンダーに予定と目標期限を書いておく
→応援してくれる人に宣言する


まずは、目標を明らかにすること!
「何を」「いつまでに」「なぜ」やるのか、
やることと期限を決めるそうです。


また、その目標を「なぜ」達成する必要があるのかを明確にすると、
行動の必然性と緊急性が明らかになって自分の行動源になります。


そんな風にきちんと考え抜いた目標でも、人間は弱い生き物なので
すぐ忘れるし緊急性を失いがちです。


3日坊主とはよく言ったものです(╹◡╹)


「必ず目に届くところ」に目標を貼っておきましょう。
期限付きで、カレンダーにも「あと◯日」と分かるようにしておくと
更に効果的なんだとか。


そして、自分を応援してくれる人にその目標を宣言しまくること!
周囲の応援団に進捗報告でもしようものなら、やらざるを得ない状況に陥るはず。
自ら逃げ道を塞ぎましょう。


※愚痴仲間がいたら、そのご友人には言わないようにしましょう。反対されてしょんぼりします。




(2)スケジュール帳で行動管理する
→女性のスケジュール管理は紙の手帳で


スケジュール管理は紙がおすすめなんだそうです。


iPhoneでも便利なアプリなどが多々ありますが、
手帳を開いて自分の手で書き込み手帳が黒く埋まっていく様子は
自分の進捗度を視覚的に把握しモチベーションの維持にもつながります。


リング式の手帳にすると、後から必要なものを足すということも出来て便利ですよ。




3.門松としめ縄を飾る

最後に、こちらは向山さんおすすめという訳ではないですが、
成功者の多くは目に見えないものを大事にする傾向がある気がします。


自宅や職場にきちんと神棚を飾っている方や
パワーストーンを身につけている方、などなど・・・


3方良しという言葉は広く商売の世界で使われる言葉ですが、
中には「4方良し」という言葉もあるそうで。


自社、取引先、顧客、そして「天」が喜ぶことをしろ、
という意味だそうです。


厳しい商売の世界ではどうにも人智を超えた出来事が起こるんだそうで、
私にはまだ経験がないのですが、、、
人事を尽くして天命を待つという出来事がまさに起こるということですね。



ちなみに、門松は年神様(毎年、幸せや豊穣を運んでくれる神さま)が迷わず家にたどり着けるための目印なんだそうです。


また、しめ縄は「神様をお迎えできる神聖な場所ですよ」という印で、
現世と神様の領域を隔てる結界となり悪いものを祓うという意味があるんだそうです。



今年はぜひピカピカなお家で年神様を迎え入れ、
2019年をより良い年にしたいですね。


それでは、良いお年をお迎えください。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。