Be Waltz.

毎日をワルツみたいに👗お仕事もお洒落も、人生ぜんぶ楽しむのだ💎

Be Waltz.キャリアウーマンの着こなしは海外ドラマSUITSから学べ!

こんにちは、アビゲイル金子です。
アビーって、呼んでね。


最近、新しくELEMENTARYという海外ドラマを見ています。
"もしもシャーロックホームズが現代のNYに居たら"
という設定で作られた作品なのですが、
シャーロックがヤク中だったというところからスタートする
なかなかパンチの効いた、また奥深くユーモアのある作品でした。
まだ全然見れてないんですが、もうちょっと見たら感想書こうと思います♪


さて、今日はそんな海外ドラマに出てくるお姉さまたちに学ぶ、
スーツの着こなし術の巻。


中でも根強い人気を誇る海外ドラマ"SUITS"は
華のあるバリキャリ女性がたくさん登場し
そのビジネスシーンの着こなしは毎回勉強になります。





実際に、劇中のドレスをピックアップする記事も多いですね。



以前、このブログでもスーツに関する記事を延々と書きましたが、
要は似合うスーツの選び方が大事だよ、ということです笑



「スーツ」の綴り違うし\(^o^)/


さて、そんなSUITSに出てくる着こなしたちを
ここでも一部、紹介したいと思います。



ジェシカ・ピアソン
NYでも1、2を争う弁護士事務所、ピアソン&ハードマン弁護士事務所を運営する実質的な代表。
経営者にふさわしく、華のある大人の魅力満載のワンピースやセットアップを多用しています。


特にお上手なのはワンカラーのコーディネート。
野暮ったくなりがちなベーシックカラーを、素材感やデザインによって
都会らしく洗練されたコーディネートに昇華させています。



オールブラックコーディネート
普通に着るとお葬式や参観日ママのようになってしまう服装ですが
鎖骨を綺麗に見せるアシンメトリーの襟が抜け感を出し、
洗練された雰囲気を醸し出しています。


グレーのバッグも控えめなコントラストになってステキ。



オールベージュコーディネート
こちらはベージュのワンピースの着こなし例。
体のラインをゆるく、綺麗に出してくれるフィットしすぎない
固め素材のワンピース。
髪型はアップスタイルが正解ですね。


あえてベージュのロング丈をチョイスすることで派手すぎず
地味すぎない、女性らしいフォルムとハリ感だけを上手に引き出しています。


同色のカバンとパンプスで更に高級感を演出しています。



ドナ・ポールセン
SUITSの第2の主人公とも言えるハーヴィー・スペクターのスーパー秘書、ドナ。
顔立ちや雰囲気、体つきが女性らしいのですが、
それをうまく活かした甘すぎない大人コーデが学べます。


都会派フリルの上品ワンピ
白地に花びら風の黒ラインが入った上品なワンピース。
華やかさを全面に出しつつ、黒でピリッと引き締めているところが流石。


知的なグレーのリボンワンピース
こちらも無地のワンピースでありながら
サイドは凝ったリボンが施されている可愛さ。


生地が厚めで膝丈のものを選べば、デザインが華やかでも
知的な印象を与えることができます。


レイチェル・ゼイン
ピアソンハードマンのパラリーガル(業務の補佐役)レイチェル・ゼイン。
タイトスカートがメインのコーディネートが参考になります!
異素材を組み合わせ、下品さのないほどよいセクシーさを感じるコーデがお上手。


ベージュ×白の初夏コーデ
ベージュのタイトスカートを主役として、レースのノンスリーブが涼しげな印象。
バッグ、靴もベージュ系で揃えて統一感を出していますね。



真っ白コーデ
真っ白なのに「いかにも」感がないのはシャツとスカートの
絶妙なデザインにあり?


一見、ただ上品に見えるシャツも、よくよく見ると脇からおへそにかけてのラインがが
シースルーになっています。
一方、スカートはジャガード(?)の厚みのある生地でつくられているため上手くバランスが取れています。



どれも素敵なコーディネートですね。
SUITSを見ていると「稼ぎたい欲」がむらむらと湧いてきます。笑


気になる方はぜひ参考にしてみてください!






Be Waltz.年賀状、どうせ送るならコレ!貰って嬉しいスタバの年賀状

こんにちは、アビゲイル金子です。

アビーって、呼んでね♡


今年は暖冬と言われていますが、

東京に暮らす私には全然違いがわかりません( ˟ ⌑ ˟ )


暖かいどころかめっちゃ寒くね?と思ってしまう

今日この頃…


スキー愛好家の友人がいるんですが、

各地の雪山は雪不足で全然滑れないとぼやいてました( ˟ ⌑ ˟ )


私たちはあまり身に感じないけど、

やはり暖冬の影響はあるようです。


明日はクリスマスイブ。そしてもうすぐお正月。


みなさんは、今年は年賀状、出しますか?


年々、年賀状を出す人口は少なくなって

SNS上のみのやりとりや、形式的な仕事上の

年賀状だけになりつつありますよね。


ただ、2018に行われた20代から60代までのビジネスパーソンを対象にした年賀状の意識調査では、

「年賀状を出す」割合が70%超いることがわかりました。


年賀状を送る相手は、日頃からお世話になっている方や普段合わない遠方の方へ、

という方が多いようです。


(パイロットコーポレーション調べ)



やっぱり、手書きのものって心がこもった印象を与える素敵なツールですよね。


どうせ一手間かけて年賀状を送るなら、受け取る相手に喜んでもらいたいもの。


実は、今年はあのスターバックスから、

年賀状でドリンクが飲める年賀状が発売されているって、ご存知ですか?✨


https://www.starbucks.co.jp/goods/goods/4524785374874/


みてみて!




年賀状のおもて面にドリンクチケットがついていて、ペロッとめくるとそれが320円分の商品券がわりになるという仕組み!


これを持ってスタバへ行くと320円以下の商品と交換できるんですって☕️✨


320円を超える場合は、その場で差額を支払えば良いようです⁽⁽ ◟(∗ ˊωˋ ∗)◞ ⁾⁾



プリント面は可愛らしく縁起の良いダルマのイラストが。


送る人を選ばないユニバーサルなデザインで、とても使いやすいですね!


これにお年玉付き切手なんか貼ってあげたら、ダブルで嬉しくなっちゃいますね✨


ちょっとしたサプライズを贈られた人は暖かい気持ちで新年を迎えられること間違いなし!


普通の年賀状に飽きて来た方、普段年賀状を送らない方は、ぜひこの機会にスタバの年賀状を送られえみてはいかがでしょうか!?

Be Waltz.勝負下着は自分のために買え!仕事で上手くいくための下着の色選び

こんにちは、アビゲイル金子です。
アビーって呼んでね。


この間もクリスマスの記事を書きましたが、


もうすぐクリスマスですね!


皆さんはどんな過ごし方をされますか?



「勝負下着」なんていい方もしますが、
正直、男性は下着の色なんて目もくれていないらしいです\(^o^)/


ただ、普段履かないTバッグとか
それに類似するセクシー下着は特別感を与える
良い刺激材料になるようですのでぜひお試しあれ(ง°̀ロ°́)ง



上述しましたが、パートナーに下着の色を認識させる必要がないのであれば
自分が着たいと思える下着を選ぶべきですよね♪


下着の色は心理的な影響があるようです。


メンタル心理カウンセラーの方は以下のように言ってらっしゃいます。


色のエネルギーは目と皮膚から入って脳に行き、自律神経に伝わります。ですので、ファッションアイテムの中でも直接肌に触れる下着は、着ている人の運気に影響を与えます。下着の素材や柄によっても変わってきますが、最も影響を及ぼすものは色です。



参考にしたのはこの記事!
ありがとうございます♪


この記事を参考に色んな色の下着にチャレンジしてみてください!


1)黒
矛盾しますが、彼氏が彼女に履いてほしいパンツの色No1


男性から見ると「カラダが引き締まってみえる」「セクシー」「挑発的」などの
印象を与えるようです。


しかしメンタル的な影響から考慮すると、
黒は下着の色としてあまりオススメできない色なんだとか。


全くエネルギーを与えない色のため血のめぐりも悪くなり、
特に美容面には逆効果なんだそうです\(^o^)/


気をつけよ。


2)オレンジ
オレンジの下着って、あんまり見かけないですよね。
彼氏が彼女に履いて欲しいパンツの色ランキングでも圏外でした。


実際は、出会い運を上げてくれる色なんだとか。
出会った人を朗らかにさせ、自分自身も優しい気持ちで人に接する
ことができるようになるようですよ!


3)赤
メラメラと燃えるような恋がしたい方、意欲満点で仕事がしたい方におすすめ!
ただし、多用するとアドレナリンが多く放出され、怒りっぽく攻撃的になってしまう
一面もあるんだとか。


4)白
純白は誰でもピュアでイノセントな印象を与える色ですよね。


彼女に履いて欲しいパンツランキングでも、黒と僅差で2位につけています。


白は浄化の色。
悪いエネルギーをリセットし、新しい環境やチャレンジが滞りないように
進むための手助けをしてくれる色だそうです。



ここでは4色のみ載せさせていただきましたが、
ほかの色についてもリンク先でしっかりと書かれているので
気になる方はぜひみてみてください♪



何かにチャレンジしたい人、新しい環境で頑張ろうとしている方は
ぜひ下着の色も気にされてみてはいかがでしょうか?