Be Waltz.

毎日をワルツみたいに👗お仕事もお洒落も、人生ぜんぶ楽しむのだ💎

BeWaltz.ああ、本って最高に面白い。梟書茶房で読書を「冒険」する。

こんにちは、アビゲイル金子です。

アビーって、呼んでね。


最近、改めて読書の重要性を実感してます。

読書は小さい頃から好き(なはず)で、

小学校時代はなんだか周りに上手く溶け込めてる感がなくて、

登下校の間はずっと児童書を読み漁ってました。


ハリーポッターとか、トールキンの指輪物語とか、

アメリカンインディアンの最期を描いた名著、

あれなんていう名前だったかな・・・


もう少し低学年の頃はエルマーと竜とか

偉人の自伝とか、色々読んでました。


暇だったしね。


小学生の頃はあんなに本を読んでいたのに

加齢とともに読書量は減り、

社会人になってからは忙しさにかまけて

1年に1冊を読むか読まないか、

そんな感じに落ち着いていました。


ところが、最近読書って面白いんだなと再認識できた出来事があり。


それが、池袋にあるこの喫茶店。


本と珈琲 梟書茶房


このお店、めっちゃ面白いんですよ。


まず成り立ちが面白い。


珈琲が好きな男と本が好きな男が出会って

書茶房となるものを立ち上げてしまうんだから、

面白くならないはずがない。



https://www.doutor.co.jp/fukuro/


ドトールコーヒーの経営者、菅野眞博さんと

かもめブックスの柳下恭平がたちあげた面白い場所なのです。


ここは、本を読む醍醐味がギュギュギュギュ〜っと詰まった

童心に帰って「本を探検できる場所」だと思います。


まさかここが、池袋駅直通のビルの中にあると誰が思うだろうか?


https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13210443/


鼻を刺激するサイフォンコーヒーの柔らかく渋い香り。

本のインクの匂い。

静かで、かつ心地よい周囲のざわめき・・・


集中して勉強や仕事をするにはもってこいの環境です。


席の種類は

・カウンター席

・テーブル席


に分かれています。


テーブル席はお店全体が見通せる開放感のある席になっていて、

革張りのふかふかのソファに座って落ち着いて過ごすことができます。


カウンター席は完全に「集中ゾーン」。

かつての代々木ゼミナールの集中自習室を思い起こさせるようなw


そんな、壁などに向かって集中できる作りになっており、

自分1人の世界に浸りたい方には持ってこいの席です。


また、店内の随所には梟書茶房がピックアップした

選りすぐりの本が置いてあり、お客さんは誰でも

好きな本を選んで読むことができます。


中には「酔本(よいほん)」とカテゴライズされた本もあり、

お店が提供するビールやワインなど、お酒を飲みながら読むのにぴったりな

本をおススメしてくれています。


いやぁ、オツですね〜


本を愛する人が集う、なんとも居心地の良い空間なのです。

正直、超テンション上がりました。


ものすごく楽しかった!


そういえば、高円寺にも似たコンセプトのカフェがありました。



アール座読書館

https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13096272/


こちらは2Fと3Fにまたがっており、

2Fは私語禁止で読書や勉強に耽ることができる空間になっています。


3Fはサロンのように私語OKでわいわい楽しくおしゃべりしながら

この喫茶店ならではの雰囲気を分かち合える場所になっていました。


本の魅力を再発見できる体験を求めているのは、

私だけではないのかも・・・・?


池袋へご訪問の際は、是非足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

Be Waltz.働き方にルールはない!色んなアノヒトの稼ぎ方を覗いてみよう。

こんばんは、アビゲイル金子です。
アビーって、呼んでね。


日本の社会保障制度が崩壊しつつある昨今、
「働き方改革」の潮流がかなり速く、また強くなってきていると思います。


私の会社はIT系でシステム開発がメインの柱になってくるので、
フリーランス形態でエンジニアのお仕事をされている方や、
プロジェクト単位で必要なときに必要なだけお仕事される方など
多様な働き方をされる方が多いです。


私も働き方っていう意味では
そこらへんにすごく興味があるのですね。


女性って特に、結婚や出産といったライフイベントは
重要な人生・キャリアの節目になってくる訳で。


私の姉は既に3人の子どもがいて東北で
家族仲良く暮らしているんですが、
やっぱり、初めての子どもを出産するときは
一筋縄では行かないことを痛感していました。


仕事を続けたくても、どうしても生まれてしまうキャリアブランク。


子どもが生まれたらどうしても子ども中心の生活になり、
小学校などに上がってようやく落ち着いたかと思えば
急病や急な呼び出しで仕事もままならない・・・


会社員として子どもを抱えて生きるには
かなりの負荷が強いられます。


特にシングルマザーとして頑張っている方の苦労は
計り知れないと思います。



そんな中で、「在宅ワーカー」や「ノマドワーカー」
あるいは自ら会社を起こして社長になる、という生き方を
選択する方もめちゃくちゃ増えています。


女性の起業支援なんていう言葉も世の中に一気に増えた気がします。



起業や独立といった観点とはまた違うんですが、
東洋経済で面白そうな連載があったので紹介しますね。


ぜひ皆んなに読んで欲しい!


「非会社員」の知られざる稼ぎ方



なんとも面白そうなタイトルではありませんかwwww


なぜ今まで辿り着かなかったんだ\(^o^)/


これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむと古田雄介が神髄を紡ぐ。



その中でも一番人気なのがこの記事。



そう、お笑い芸人のヒロシの復活劇を取材したこの記事。
そういえば、ヒロシって今何やってるか全然知らなかった。笑


飲食業を展開しているなんていう噂もあったけれど、
今はYoutuberとして活躍しているとは・・・!


なんと、ひとつの動画で最高100万再生に届くこともあり、
最高月収80万円超の月もあるそうです。


しかも、動画の内容は"お笑い"ではなくて"キャンプ"


「お笑い芸人ヒロシ」という自分の既成概念をかなぐり捨てて
自分の心の赴く方へ前進を恐れずに進んだ結果が、
今そこにあるんだなと感じたインタビューでした。


この東洋経済さんの連載を見て、働き方って一言に言っても
無数の選択肢があると実感します。


ヒロシさんの記事以外にも50近くの新しい働き方が取材されている、
とっても面白い連載です。
ぜひ見てみてください♪



また今度、働き方について書いてある本も調べてみようかしら。
読んだらレビューします✨



では、今日も良い1日を。




Be Waltz.女は強い!自分の選択で幸せを切り開く「ワンダーウーマン」

こんにちは、アビゲイル金子です。
アビーって、呼んでね。


女の人生にはいくつかの分岐点がある。
結婚と出産だ。


と、これまでは思っていた。


多くの人が思っているし、これかもそうだとは思う。


ただし、これまでマストと思われていたそのイベントは
今やマストではない。



そんな時代の中で、
男性に依存しないで生きることを決めた強い女を描いた作品と、
結婚を追い求めてでも結婚できない女をコミカルに描いた作品2つをご紹介したい。




1.私が世界を救う超ド級の女!「ワンダーウーマン」

ワンダーウーマン(字幕版)
ワンダーウーマン(字幕版)
2017-10-27
Movie



映画『ワンダーウーマン』TV-SPOT(設定編大ヒット)【HD】2017年8月25日(金)公開


人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生まれたワンダーウーマン(ガル・ガドット)は、自分が育ってきた世界以外の環境を知らず、さらに男性を見たこともなかった。ある日、彼女は浜辺に不時着したパイロットと遭遇。彼を救出したことをきっかけに、ワンダーウーマンは身分を隠して人間社会で生活していくことにする。


マーベルコミックの人気ヒロイン、ワンダーウーマン。
いわゆるスーパーマンの女性バージョンなんだけれども、
「女性のボンキュッボンを武器にした女性差別映画だ」とか言って批判する輩もいるようです。


これを作ったのは実は女性監督で、小さいころからこの原作が大好きだったのだそう。
それが、自身が監督としてこの作品を現代に蘇らせるときに
思いがけずこの作品がフェミニズムや女性解放のメッセージとなった、と
本人がインタビューで述べています。


面白いインタビュー記事があったので、載せておきますね。



「男に負けない」という狭い見方ではなくて「自分の意思を貫く」という生き方が
自分を自由にするんだと語っています。
自分自身の頭で考えて、選択する。
これが一番大事だと。


男性に依存して恋愛したり結婚に逃げたりするのではなく、
自分自身の意思で選択し
世間ではなく自分自身が実現したいことを実現していく幸せを
この映画を観て理解できるような気がします。


女性の皆さんも男性の皆さんも、
おススメの作品です!