Be Waltz.

毎日をワルツみたいに👗

Waltz with love.

こんにちは、アビゲイル金子です。
アビーって、呼んでね♡


面白かったタクシー運転手さんのお話し(^◇^)


この間、訪問先に遅刻しそうだったのでタクシーに乗りました(;'∀')ハァハァ


アビー「おねがいしまーす!!(ハァハァ)」


うんちゃん「はいはい。急いでるね、寝坊かい?どこまで行きます?」


車内にはワルツが流れている。
なかなかの選曲である。
癒されるぅ


アビー「〇〇までお願いします!ちょっと急ぎで・・・」


うんちゃん「あははは。旦那さんいるの?」



Σ(・ω・ノ)ノ!



乗って3秒(*_*)いきなり突っ込んでくる~!



アビー「いや、いないっすね~…アハハハ…」


うんちゃん「あらそう、彼氏さんは?」



Σ(・ω・ノ)ノ!


まだまだ突っ込んでくる~!!


これはアレか、朝10時だけど、若い女体を狙っているのか、、、!?



アビー「いや、いないっすね・・・あんまりほしくないです」



そう、アビーは周りには彼氏ほしいとか言いながら、正直あんまり欲しくないのです。


運転手さんは50代後半。


ちょっとタイプにはなり得ないので、本音を言ってみる。


(一緒に同棲とかしてる人ってほんとうにすごいよ。
相手を思いやれないと無理だもの。おかあちゃん、お父ちゃんすごい。)



うんちゃん「え、なんで!珍しいね~もう30くらいでしょ?そろそろほしいでしょう。」


(゚Д゚;)ヤヤヤカマシワイ!


言ってくれるじゃねえか。


確かにアラサーだけど!


まだ28だもんね!!


・・・・・・


ハッ!


そうやって、結婚適齢期(いつだろう?)が過ぎていくのね・・・



うんちゃん「あ、わかった、過去に何かあったんでしょ~」


アビー「いや~、特にないと思いますけど・・・」


うんちゃん「え~?じゃあアレか、彼氏じゃない友達がいるんでしょ?」


アビー「あ~まあ、そうっすね~・・・汗汗」



うんちゃんは、あたかも社交辞令かのようにふわ~っと重いボディブローを打ち込んでくる。


いろいろ図星すぎッ( ゚Д゚)



そのうち、うんちゃんが自分の青春時代について語り始めた。


若いころはプロボクサーをやっていて、


それはもうファンクラブができるくらいのモテモテで、


体を壊して引退した今もなお、絶好調にモテモテらしい。



確かに、よく見るとハーフのような端正な顔立ちをしていらっしゃる。



これさぞモテるに違いない。



そして今は居酒屋に行っては若いねえちゃんをナンパして、
常に2人くらいは「お友達」がいるらしい。



おそるべし元ボクサー!


夜のリングでは現役なのね・・・


(朝10時)



うんちゃん「お姉ちゃんかわいいねえ~、もてるでしょ?」


アビー「いや~、そんなことないっすよ~(〃´∪`〃)ゞ」


うんちゃん「俺なんか、だれとでもす~ぐ仲良くなっちゃうからね、お互いに意気投合しちゃったらそのまま一晩過ごすこともあるよ、今度行く~?」


アビー「あはは~そうなんですね!若いっすね~!面白そうですね~!」


一応、社交辞令で返事は返しておくのがアビー流。


50代、タイプでもないおっちゃんにそんなこと言われても
うれしくもなんともないと思ってたけど、なぜかうれしいアビー。



うんちゃん「あ、ここですね。間に合いそう?」


うん、ダッシュすればアポに間に合う!


うんちゃん「はい、1620円ね。あと、ハイ、領収書」


アビー「ありがとうございました~!(*'▽')」



バタムッ


ビューーーン・・・・




・・・あれ?なんか忘れてる気がする・・・



あ、連絡先聞かれなかったな


って連絡先聞かないんかーいッ\(^o^)/




元イケメンタクシードライバーに翻弄された20分間でした♪♪






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。