Be Waltz.

毎日をワルツみたいに👗

Waltz with Coffee and Aroma

こんにちは、アビゲイル金子です。
アビーって、呼んでね♡


アビーの職場の近くには、コーヒーショップがたくさんある。


おそらく、貴君らの職場の近くにも、


香ばしい匂いを漂わせる泥水を売るお店が


たくさんあることでしょう。笑



「コーヒーって、泥水にしか感じられない」


っていう人が結構いるような気がしますが、


かくいうアビーは、コーヒーが大好きです!



ブラックコーヒーワインは、よく似ている気がする。


まだまだ経験が乏しい&比較的バカ舌なので偉そうなこと言えないが、


ワイン、日本酒、ブラックコーヒー


アロマ(香り)を楽しむ飲み物だと、勝手に思っている。



全然おいしくないコーヒーをのむと


「うん、泥水だね」という結論に同意するしかないんだけど


すごくおいしいコーヒーに巡り合うと、


カップを含めた見た目から、香りから、味まで、


目・鼻・口でしっかり味わい尽くせる贅沢な飲み物だと思う。



アビーがいる会社は東京で50人くらいの規模だけど、


その中にも無類のコーヒー好きが2人いて、


朝・昼・夕と、時間のある時には必ず手挽きで(!)、


自らドリップしてコーヒーの神髄を楽しんでいる。





コーヒーとは、なんであんなにいい匂いなんだろう。


私は両親が大のコーヒー好きで、


毎朝必ずコーヒーをドリップして飲んでいた。



寝床にいるとコーヒーの香ばしいいい匂いが漂ってきて、


心地よい目覚めが促される。




父はカップ1杯のコーヒーにブランデーをティースプーン1杯入れて


楽しんでいたが、


私のお気に入りはブラックコーヒーに「シナモン」を入れること。





カプチーノには欠かせないけど、



最近はブラックにもかかせない。



シナモンをブラックコーヒーに入れるの!?


という驚きの知恵は、こちらから拝借しました。





ご存じない方はぜひ!



主人公の独身貴族のイケメン&ヤリチン作曲家「チャーリー・シーン」が
ひょんなことから始まった、彼の弟と甥っ子とのドタバタ生活劇を
描いたコメディドラマ。




男女関係、結婚、離婚、親子問題、お金、仕事、子育て、・・・・



いろんな視点から3人の奇妙な生活を描いて、


主人公のチャーリーが大人げなく、でもハンサムで目が離せない。




そのドラマの中で、女癖が悪いチャーリーが二日酔いで目覚めた朝に


飲んでいたのがこのコーヒー。




チャーリー・シーンで思い出した。


無類のコーヒー好きといえば、友人の向山雄治さん


外してはいけない笑



朝から晩まで、24時間、コーヒーを手に持っていないところを


見たことがない気がしますwwww


お気に入りは、「Waltz Coffee(ワルツコーヒー)」と仰ってたような☆彡


(ちがったらごめんなさい/(^o^)\)



今度、むかちんさんにお気に入りのコーヒーショップ聞いてみよ~っと☆彡

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。