Be Waltz.

毎日をワルツみたいに👗

Waltz with Suite.

こんばんは、アビゲイル金子です。
アビーって、呼んでね♡


今日は、スーツの似合わせについての話題です。

今日のお題:スーツの似合う女になる!


私は元営業職なので、カチッとしたセットアップのスーツをいくつか持ち合わせている。


中でもお気に入りなのが、紺色の五分丈のセットアップだ。
新卒2年目で安月給だったのでオーダーメイドはつくれなかったけど、スーツファクトリーかどこかで6万くらいかけて一式買い揃えた。


当時の私にとって6万円はかなり高額な買い物だったので、量産とはいえこんなスーツを買っていいのかどうかすごく迷って、でも一目惚れしたそれを、手に入れることにしたのでした。


今でもそのスーツはちゃんとした営業に行くときには必ず引っ張り出してくる。


既に3~4年来ているけど全然色褪せず、すごくいい買い物をしたなと自分を褒めてあげたい✨


よしよし。←


何故、スーツが似合わない!?

スーツは、人によって似あう・似合わないがはっきり分かれるシロモノだと思う。
正直、私もはじめ、スーツが全然似合わなかった。


特にひどかったのが大学の入学式の時である。
ああ、まじで思い出したくない/(^o^)\
がんばれアビー\(^o^)/


うーん、なんというか、表現しにくいですが、とにかくスーツに着られて豚に真珠状態でした。
なんとなく、伝わるかな…?笑


豚に真珠の要因は、今振り返ると以下の4つだったと思う。


1)スーツがブカブカ
これは最大の要因ですね。
スーツは自分の体形・体格にフィットするものでないと絶対に似合わないと言い切れる。ビジネス用のスーツだけは大きめを買ってはいけない。


後述するが、スーツはもともと男性の着るために作られたものだ。
男らしさを際立たせ特権階級の象徴として作られた、いわばユニフォーム。
それを、ココ・シャネルが女性らしさを際立たせる洋服へと昇華させ、女性もスーツを着る文化を作り上げた。


しかーし!
親戚のおばちゃんが「アビーちゃんがもう少し大きくなっても着られるように、少し大きめに作ってみたの」と、身長170cm・体重70kgのおばちゃんサイズで丹精込めて手作りしてくれたストライプスーツは、私には明らかに大きすぎたのでした。


それが高校3年生のときの話で、成長期がとうの昔に終わっていた私の身長は、当時154cm。ちなみに今も154cmです。


さらにスカートのウエストも、私が大きくなっても絶対に入るように作っていただいたので、だいたい3回くらいウエスト部分を巻き上げて、ワイシャツで見えないようにして着ないとセットアップで着れないという、なかなか難易度の高い代物でした。


おばちゃん\(^o^)/ありがとうね・・・


2)BMI数値が「肥満気味」
更にそこに追い打ちをかけたのが「肥満気味」という衝撃の事実。
高校時代わたしはバレーボール部に所属していて、実は部長をやっていました。
(高総体1回戦敗退するような弱小バレー部だったのは秘密)
引退後、まったく運動しなくなったのに食欲だけは変わらないというよく聞く現象のおかげで引退直後からだいたい5kgくらい太っていて、あの時が人生イチのデブでした。


もともと丸顔なんですが、とどまるところをしらない食欲のおかげで更にパンパンになったまあるいお顔。


もともとバレー部でいい太ももとふくらはぎをしてたのが、さらに脂肪に包まれて、大きく育った大根のようなおいしそうな足…。


それらがぶかぶかのスーツにくるまれたら、あら不思議。
新聞紙にくるまれた、田舎直送のとれたて野菜みたい。


あ~!土ついてる採れたてだ~美味しそう!


じゃ、ねーよ!|д゚)


3)化粧っ気がまるでない
そう、東北の田舎で、しかも釘打たれた桐の箱の中で育った私は、親から「そのままで可愛いから化粧なんてするな」と18年言われ続けた言葉を何の疑いもなく鵜呑みにしてしてました。


母親から「入学式なんだから化粧すれば?」と言われて、
「いや、入学式に化粧はちょっと派手なんじゃない?」とガチで返してすっぴんで入学式に行き、死ぬほど後悔した19歳。


上述の通りスーツは正装なので、すっぴんとスーツが合うわけがない。
若かりし私はそんなことは知る由もなく、堂々とすっぴん×スーツをしてやらかしたのでした。


4)普段着がラフすぎる
服は、来ているうちに似合ってくるものだと思う。
19歳の時は死ぬほどに合わなかったスーツが、就活や営業を経て、22歳の終わりには試着室でスーツを着て「似合うな」と自分で思えるくらいにはなった。


大学2年生くらいまで、私は古着系のファッションが大好きでした!
今は亡き『Zipper』という古着系の雑誌を読み漁って、「Hanjiro(ハンジロー)」とか「サンキューマート」とかばっかり行って、Tシャツを買っては穴をあけたり襟ぐりを切ってみたり、当時の自分が考えうる最高の「個性」を追求しようと躍起になっていたのが懐かしい。


※今のZipper


※休刊となった雑誌Zipperを懐かし見たい方はこちら


※Zipperとはまた違う路線だけど、たまに『CUTiE』も読んでました。
※アビーは↓の中島美嘉がカバーの時代が全盛期でした。超懐かしい。


めちゃくちゃ懐かしい笑


こんな雑誌読んでこんなストリートな服着てたら、スーツなんてきちんとした服が似合うわけない。


人は環境の生き物とよく言うけど、たぶん、ファッションにおいても顔立ちや雰囲気に影響するものは大きいんだと思う。


スーツだけ着るようになったら、スーツが似合う顔だちになる。似合う努力をするようになる。
パジャマだけ着るようになったら、他は何も似合わなくなる。
至極当たり前のことのようにも感じるけれど、これって結構大事なことですよね。


結構前に、友人の向山雄治さんか、大前研一さんか、どっちか忘れちゃったんですが、「無意識下の刷り込みが一番怖い」という話をされていた(読んだ?)気がします。
自分はそんなつもりじゃないのに、いつの間にか意識はそれに浸食されている。


どうなりたいかをハッキリ明確に意識するのって、やっぱり大事なのよね。


ちなみに、友人の向山雄治さんは大学時代に社交ダンス(Cha-cha-chaやWaltz)全九州優勝されていて、その当時の写真を見せてもらったことがあるんですが、あのよく見る胸元がはだけた服(なんていうんだろう?)が、本当によく似あってらっしゃいました。


あー、そうそう!こんな感じのやつ!
シースルーが似合うって、なんなんや…
一体、何着てれば似合うようになるんや…

画像出典:「ボールルームネット」https://ballroomnet-online.jp/


嵐でさえ似合わないのに…(ボソッ)

画像出典:「STAR Journal」http://no1star-journal.com/archives/847


それでもスーツが似合わない!?

シースルーのお話は例外として、だいたいの服は1年か2年来てればそこそこ似合うようになる。


でも、それでも似合わないってこと、ありません?


アビーの場合は、素材がひらひらしたスカート・ワンピースとか、一時期大流行したチュールスカートとか、ミニ丈またはミモレ丈のスカート類とかが、びっくりするくらい似合わないのです。


いや、着れるよ、着れるんだよ。

でも似合わないの!

モデルさんとか、自分がイメージした姿と全然違うのよね。


特に古着やストリート系のファッションにドはまりしていた時代は、当時の流行もあって「女の子らしい」素材感の服が着たくて、でも試着したら全然似合わなくて、泣く泣く着るのを諦めた経験がたくさんありました。


ずーっと、なんでだろう?太ってるからかな?って思ってましたが、2~3年前にどうやら骨格の問題らしいということを突き止めました。


人間の顔・体って、本当に面白いですよね。


骨格診断って知ってますか??


人間の骨格は大きく3タイプに分かれていて、それぞれに似合う服の形・素材感が全然違うのです。


画像出典:「ほんのひきだし」http://hon-hikidashi.jp/live/33970/


もう少し正確に言えば、その人の骨格を最も活かした服の形・素材が、それぞれによって異なるということかなと思います。


まだやったことない人は、ぜひ!!


※「6つのタイプ」の部分の診断結果がしっくりこない方がいらっしゃるかもしれないですが、そのあとの「ゴールドタイプ」「シルバータイプ」はぜひやって欲しい。


この骨格を自分で自覚できるようになると、服選びが格段に楽になります。


ただ、悲しい現実にも直面しなければなりません。


着たい服=似合う服ではない
   という事実(´・ω・`)


なんという不条理。

私だってチュールスカート履きたいのに!!( ˘•ω•˘ )ぷんぷん


ちなみに、私の骨格はガチの「ストレート」です。

ストレートの項目以外いっこもチェックがつかない、生粋のストレート。


その代わり、ひざ少し丈のタイトスカートやタイトワンピース、センタープレスの入ったパンツなんかが良く似合います。

※ストレートの方は、本当は鎖骨が見えるインナーが良いです。



うらやましいな~と思うのは、ウェーブの方。

マーメイドラインのスカートとか、それこそミモレ丈のフレアのスカートとか、女の子らしいアイテムが本当によく似合いますよね。

https://matome.naver.jp/odai/2143001866246031401/2143002036147131003


最後に、ナチュラルの方。

https://voi.0101.co.jp/voi/topics/vol_14.jsp

こういうのは、ナチュラルの方しか似合わないですよね。。。

ロング丈のジャケットと、ワイド寄りまたはブーツカットのスーツが着こなせるのは本当にうらやましい…


隣の芝は青いもんですね。。。


結論:自分に合ったスーツを似合うようになるまで着ろ!


ここまで、スーツが似合う女になるためには?をちょっと頑張って書いてみました。

本当は、女性もスーツを着れるようになるまでの歴史なんかに触れようと思ってたんですが思ったより長尺になってしまったので、それはまた次回。


では、おやすみなさいませ。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。