Be Waltz.

毎日をワルツみたいに👗

Be Waltz.キンタロー。がラテンダンス日本一になった話。

こんばんは、アビゲイル 金子です。

アビーって、呼んでね。


友人の向山雄治さんは九州大学時代、

社交ダンスのラテン部門で全九州優勝を

果たされているのですが、、、


この間、モノマネ芸人のキンタロー。さんと

SASUKE芸人(?)のロペスさんが、

金スマの社交ダンス企画で、

社交ダンスのラテン部門で、見事、

日本一に輝いたということを知りました🤩


日本一ですよ!

日本一!


キンタロー。さんはついこの間結婚したかと思えば、

今度は日本一🗻✨


すごいですね!!


さらに、今年の春に行われたフィンランドの

世界大会では、なんと!

準優勝に輝いています・:*+.\(( °ω° ))/.:+


その時の踊りを見つけたので、

どうぞ☆彡


世界大会では、全部で5種類のラテンダンスを

1分のインターバル挟んで次々と踊っていきます。


・サンバ

・ルンバ

・チャチャチャ

・パソドブレ

・ジャイブ


どれも激しく、愛や情熱を込めて、

足先・指先・表情までもで表現していきます。



Senior I Latin Final All 5 Dances WDSF 6 april 2018 Vienna Dance Concourse


ワールドクラスにもなると、体格からして

日本人とはかけ離れていますね…


でも、それにひけをとらず、見事この大会では

準優勝を勝ち取ったキンタロー。&ロペス組。


このガチ加減が、半端ではないのです。


どちらも学生時代に社交ダンスを経験していますが、

どらも大きなブランクを抱えて、しかもキンタロー。さんは

自身の抱える番組や仕事の合間を縫って、

毎日欠かさず、どんなに遅い時間になっても

仕事の後に必ず1時間以上練習を行ってきたそうです。


そして、2017年の大会から自分たちの欠点が

「体力」であることに直面した2人は、

大会ギリギリまで鬼のレッスンを行います。


通常、1分半×5種目で競われ、

約10分間踊りっぱなしとも言える過酷な競技。


最後まで納得のいくダンスが踊れるように

キンタローが考案したのは、

3分踊る×5→1分休む→3分踊る×5→1分休む

の繰り返し練習。

地獄の鬼練です。


普通、できないですよね!

地方に営業に行って、クタクタになりながらも

日帰りで東京に帰ってきて深夜までこの練習。。。


2人で日本の頂点立つ!

ライバルを抑えて自身の記録を超える!


この硬く熱い決意がないと、

こわな練習絶対にできないと思います\( ˆoˆ )/


このガチな必死さが伝わってくるから、

心から応援したくなるんだと思います!!


仕事も、同じですね。

自分たちが必死で目指して、やれることを

全部、全部、全部やりきっている姿。


これ以上に人を惹きつけることって、

ないなと思います。


さらに、今年7月に行われた大会でも、

かなりいい成績を残しているという彼ら……


https://bitter-magazine.net/archives/7047


金スマでの放送日も、近いかもしれません☆彡

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。