Be Waltz.

毎日をワルツみたいに👗

Be OTAKU...

こんにちは、アビゲイル金子です。
アビーって、よんでね。


最近、オタクな人たちの社会的市場価値を見直しています。


すごく上から目線な言い方になっちゃいましたが、


結論、リスペクトしています。(まじです!)



アビーの職場は勤務中にYoutube聴いてても


椅子の上で胡坐かいてても怒られない


ゆる~い会社なんですが笑、


ひょんなことからレコメンドの中に


こんな動画が混じるようになりました。




岡田斗司夫ゼミ5月6日号「ゼミ最強の刺客登場! ここが変だよ宮崎駿、庵野秀明! おたく二人で殴り合い! 『映像研には手を出すな!』 」対談・大童澄瞳(漫画家)




岡田斗司夫ゼミ4月15日号「本当は10倍怖い『火垂るの墓』~アニメ界の怪物・高畑勲監督追悼特集」




そのきっかけは、下の


本当は10倍怖い火垂るの墓 


という、完全にタイトルにつられて観ちゃったこの動画だったんですが、


岡田さんの詳しい経歴はwikiで見ていただくとして、


この方、多方面オタクです。


しかも、すごいオタクですww


「いいよ」「面白いよ」とおすすめされたら


瞬間風速で推薦者のレベルを抜いていくすごいオタクです。


この方、最初は誰かもわからずにぽや~っと見てたんですが、


かの有名なエヴァンゲリオンの監督の庵野秀明(あんの・ひであき)さんと


40年以上前にアマチュアSF団体を立ち上げ、


アニメーションブームの前から活動をして


名だたる映画や作品を作っていくとんでもない人でした。


大学で何留かして笑、結局大好きなSFクラブ?


のために大学中退するという物好きさ。



当時からしたら異常者と思われいたんじゃないでしょうか笑



ド集中してのめりこんで、その集中具合がマグマを掘り当てた感じでしょうか。


この方は本当に論理的で、すべての発言が理路整然としいて、


そして知識の幅が広すぎて驚きます。





ちなみに、今だと採用試験にカードゲームを取り入れる


会社もあるみたいなので、「オタク」という気質って


何かに秀でたイノベーターを作り出す最強の性質なのかもしれないと、


ちょっと思い始めたのでした。





ぜひ、オタクワールドへ♡


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。